<< 風が強い 遊んでみた >>
1/18 TVタックル 「どうする!?ペット大国日本!!」
2010年 01月 19日
夕べ見ていた 『TVタックル』  「どうする!?ペット大国日本!!」

最近ずっと政治ネタばかりで、ちょっとげんなりして見てなかった。
夕べはたまたまチャンネルがそのままで、
見始めたら↑のサブタイトルで最後まで見た。

熊本県の取り組みについて触れなかったのは
他の局で取り上げられたりしたからかな。

アメリカの刑務所で取り組まれている「プリズンドッグ」
ドイツの犬税を含む、殺処分0にするためのシェルターみたいな取り組みは
日本では難しいんだろうか。
難しいんだろうな。

政治の話の時には、今一(失礼!)な印象だった
福岡翼さんが、犬の養老院を作る取り組みをしていると知って
ちょっとびっくり。

たけしさんも
「介助犬の寿命が短いのは、仕事がハードだから。
せっかく人間の役に立ってくれた犬の老後をもっと考えていいんじゃないか。」
と言う意見だった。

人間に飼われて、という意味で人間に依存してしか
生きていけない犬や猫や、そういう動物たちを
大事にできないんなら
人間を大事にすることなんかできないよ。

そういう国でいるのに、先進国なんておこがましい。

もっともっと、ペット業界に規制や法整備をしてほしい。

もちろん一番、いけないのは
まともじゃない飼い主だと思うけど。

※ 1/20 pm17:26追記 ※
夕子ちゃんママさんのコメントを読んで、
介助犬の寿命で検索してみたら、

『身体障害者補助犬を支援するNPOを立ち上げたい!in岐阜』というブログにヒットしました。
その記事に 「 補助犬は寿命が短い?かわいそうな存在? 」

そうか、私も誤解してたな。

でも、番組の中でたけしさんが言ってたのは
寿命うんぬんよりも、人間のためにがんばった犬をフォローしようと言うことが本論だったと思う。

いずれにしても、もっともっと、ヒトも動物も活きやすい世の中であってほしい。
[PR]
by hicyamama | 2010-01-19 23:41 | ペットって…
<< 風が強い 遊んでみた >>