<< 久々の… 風が強い >>
『おもしろい』という言葉
2010年 01月 29日
うちの愚息、”A”は高校2年になり
2学期のあまりの成績の悪さと、遅刻の多さに
今頃やっとあせり始めたよう。

1学期の終わりの三者面談で
さんっざん先生に注意され、私も口をすっぱくして
言ってきたのに。。。
お尻に火がついてやっと、、という感じ。

まったく、3年になったらすぐに卒業後の進路を
考えないといけないのに
このままじゃ、進級すらおぼつかない。

そんな”A”は同年代の子達と同様に
こちらの目には、いわゆる「ケータイ依存症」に写る。
シャワー中以外、片時も「ケータイ」を離さない。
こちらが気がつかない夜中に出かけて行き、
朝帰りも平気でやってのける。
いくら男子とはいえ、まだ高校生、未成年だって言うのに。。。

中学時代、ヤツの聞く音楽と言えば、もっぱら
「ポルノグラフティ」か、「ブルーハーツ」だった。

高校に入ってもしばらくは変わらなかったけど、
去年くらいから、なんだか種々雑多な曲を聴いている。

「スガシカオ」、「木村カエラ」、「バンプオブチキン」、
他にもいろいろ。
中でも、へぇ~っと思ったのが、「東京事変」。
他に、私の知らないグループや諸々がヤツのipodに入っている。

ついこの間は、
「どこかの店で流れてた曲が、和楽器でジャズをやってたんだよね。
 探してんだけど見つからない。」
と言っていた。
それ、私も聞いてみたい。 ^^

”A”の高校は、決してお世辞にも偏差値の高い学校ではないけど
やはりそれなりにヤツの世界は広がったのかな。

我が家では、映画や音楽や本や
そういう話題が普通に会話に上る。
で、それを当たり前と思っているのだけど
当たり前ではないのかもしれない、と思ったことがある。

ある時”A”が
「例えばさ、『この曲、おもしろいよ』って言うと
 友達に、『え?どこが?』、『おもしろいって何で(使うの)?』って
 聞かれるんだよね。」
と言った。

他にも、”A”が使う言葉が友達には理解できないことがあるらしい。
よく街角インタビューで、あまりにも物を知らない若い子が出るけど
あんな感じ?

う~ん、単純にその子たちのボキャブラリィ不足じゃない?
『おもしろい』って言葉は、彼らにとって
『笑える』ってことなんじゃないか、とお父さん。

なるほど~っと、思ったものの
『おもしろい』 イコール 『笑える』 もあるけど
それだけじゃないよなぁ。。。と。
でも、これって我が家だけの感覚なのか?

まあ、何にしても、”A”、キミは今以上にがんばらないと
本当にまずいことになるよ。


ちなみに、”R”のmp3ホルダーには
「海雪」や「津軽海峡冬景色」が
Greeeeenと一緒に入っています。 ^^





”A”はこんな感じ。

b0058213_11443235.gif
本人は 「ぜんぜん似てねえ!」 と。
でも、似てるよ。 ^m^




でもって”R”はこんな感じ。

b0058213_1145113.gif

そう言えば、「津軽海峡冬景色」は消されたらしい。
「でも、『なごり雪』は聞いてるよ。」
だそうです。 ^^
[PR]
by hicyamama | 2010-01-29 16:17 | ひとり言
<< 久々の… 風が強い >>