<< 夕焼け空 昭和85年8月15日 >>
しようがない
2010年 08月 19日
生きていれば、そう思うことは多々ある訳で。

でも、しようがない、と言われてしまったり、あるいは言ってしまったりする対象が
ニンゲンだった場合、
いろいろな軋轢やしこりを残すことも多々ある。

自分の傾向として、どうしようもなくなって
(おそらくは自分の逃げ道として) 投げ出してしまうことがある。

本当はそこで踏ん張らないといけないのかもしれない、
と、頭やムネの片隅で思っているのだけど
投げ出すことがけっこうあって、
だめだよなあ、と悶々とする。

面倒くさくなってしまう、その問題への対処に。

自分なりにやってきたつもりでも
その方法は毎回同じだから、同じ結果を生んでいるのに
別の方法が思いつかない。
もしくは、アドバイスなど受けても
結局、失敗する可能性の高いいつもの方法でしか対処できない。

まあ、仕事とか、他人に対してはそうでもないんだけど。

何が問題かって、そういう繰り返す失敗は
家族に向かって、、、、、
ということなんだよな。

子育てに正解なんてないし、悩まずにすむ子育ても無いだろうと思う。

それにしても、
どうしてこうもこちらの意図がまともに伝わらないんだろう。

伝える努力が、その方向性が
微妙にずれてるんだろうな。

そうは思うけど、どうずれてるのかがわからない。

こちらが要求しているのは、そんなに多い訳ではないのに
最低限の要求だと思うのに

それさえ伝わらずに
悪循環が続いていく。

相手が小さい人の場合は
ま、いずれわかるよな、こっちの言ってることが。
と思うことで若干気持ちがほぐれたりもするが

相手が大きい人の場合は、、、、

難しいよね、さらに。

で、熱帯夜の暑さよりももっともっと
ぐったりしてしまうのだ。

あ~~あ。。。。
[PR]
by hicyamama | 2010-08-19 07:59 | ひとり言
<< 夕焼け空 昭和85年8月15日 >>