<< プレ・反抗期(?) 日本語テスト >>
雪遊び
2006年 01月 23日
21日の雪。
我が家の周りでも10cmは積もっていました。

ライさんが雪遊び大好き!と言う事は、去年実証済み。
でも、21日は前から ”R” との約束で
『ハリー・ポッター』を観に行っていました。

もともとこの日は ”A” の散歩当番の日で、
私たちが出かけている間に、遅めの朝散歩は行ったようです。

ところが、夕方になると
「なんで雨だと散歩は免れるのに、
雪だと行かなきゃいけないんだ。」
とぶつぶつ言い出す始末。

頭に来て私が行く事に。

久々の雪遊びとあって、張り切るライさん。
でも、デジカメを忘れ、
大はしゃぎの姿を撮り損ねました。(>_<)

なんで肉球だけなのに、あの冷たい雪の上をあんなに飛びまわれるのか。
寒がりの私には、信じられません。(^_^;;

昨日も結局私は散歩に行かなかったので、
またもや雪と遊ぶライさんの写真はなし。

今朝は撮るぞ~と思って、デジカメ持ってお散歩です。

いやしかし、今朝は寒かった!!
風は冷たい上に強いし、
少しだけど、また粉雪がちらつくし、
走り回るライさんを横目に、ぶるぶる震えてました。

さすがに3日目という事で、
あちこち地面が顔を出していますが、
日陰にはまだかなりの雪が残っています。

b0058213_10521189.jpg

これは我が家のある建物の前の公園。
北側にあるので、ほとんど雪が解けていません。
朝なのに暗くて、これでも写真は明るくしたんですよ。(^^;)

b0058213_10534747.jpg

風が強くて、ライさんの毛が逆立ってます。

b0058213_10542320.jpg

いつもの公園。
日が当たるところはこんな感じ。

b0058213_1055266.jpg

でも、日陰はやっぱり雪が残っていました。


最近、5mまで伸びるリードを使っています。
手元のボタンで長さを調節できるタイプのものです。

道路計画で、家が無くなってシートをかけられた土地が
あちこちにあり、そこは柵で囲われています。
誰の足跡もない雪の上は、人間の子供だけではなく
犬もそそられるようで、ライさんもしきりに中へ入りたがります。

気がついたら柵の中へもぐりこみ、一気にダッシュ!!

でも、行けるのは5mだけ。

何度か行ったり来たりしているうちに、
リードの持ち手が私の手から外れ、ライが駆け出しました。
広い雪の上を、うれしそうに走り回ります。
でも、長いリードを巻き取る為の持ち手は、少し重いはずです。
その赤い持ち手を引きずりながら、走り回るライ。

それでも私が呼ぶと、まっすぐに戻ってきます。

そしてリードを持つと、また柵の中へ。
でも、今度はまた5mしか走れません。

b0058213_1144688.jpg

ピンと張ったリードの先で、遠くを見つめるライ。

その姿を見ていたら、
なんだか胸がきゅんとなりました。

その後、リードを外して、好きに走らせようと思ったのですが
少し走るとすぐ私のところへ戻ってきます。

切ないような、
うれしいような、
なんだか複雑な気持ち。

そしてやっぱりライがかわいくてたまらない、
今朝の朝散歩でした。
[PR]
by hicyamama | 2006-01-23 11:13 | ライってば…
<< プレ・反抗期(?) 日本語テスト >>