<< 037:片思い(惠無) 036:湯(惠無) >>
『漢方セラピー』って?
2007年 03月 31日
『漢方セラピー』っていうから、
なんか漢方に関する講座の名前かな?と思ったら
しっかり商品名でした。^^;;



最近、TVの情報番組などで
「漢方」の話題を見かけませんか?

私、実は冷え性なんです。
子供の頃からすごく汗っかきで、
冬でも手のひらに汗をかいちゃうのに
真夏でも手足の指先はすごく冷たい。
今年は暖冬のおかげでかなりラクでしたが、
普段の冬は、寝る時に布団に入ると
自分の足が当たったらもう
ひええええ~~~~ッッ!!
って震えるくらいです。^^;;

病気じゃないけど自覚症状がある状態。
漢方の考え方で「未病」っていうらしい。
「 病気ではないが、健康でもない状態。
自覚症状はないが検査結果に異常がある場合と、自覚症状はあるが検査結果に異常 がない場合に大別される。骨粗鬆症、肥満など。」 ス-パ-大辞林より

最近は漢方医学を西洋医学に取り入れた
お医者さんも増えてきてるとか。
でも、まだまだそういうお医者さんは少ないし、
診ていただくのは大変そうです。

漢方薬と言うと、葛根湯と、小青竜湯くらいしか
知らなかったのですが
さすが中国四千年の歴史。
めちゃくちゃ種類が多いのですね。
それに漢方薬って苦くて飲みにくい、
というイメージが強いのですが
抗生物質とかよりは、身体に優しそうだし。。。

大豆の話のときにも書きましたが
いくら若いつもりでも、身体は正直。^^;;
年々寒がりになっているみたいです。
今のうちから、少しずつでも冷え性改善できるなら、
ちょっと試してみようかなぁ。

私の場合はこれかな?
「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」は、漢方の古典といわれる中国の医書「傷寒論(ショウカンロン)」に収載されている薬方です。
冷えによって起きるしもやけや、下腹部の痛み、腰の痛み、頭痛などに効果があります。

すごく難しい名前ですね。
「とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう」と
読むそうです。
『漢方セラピー』のサイトに行くと、
それぞれの症状に合う漢方薬が分かるようになっていました。

どなたか漢方薬試してらっしゃる方は
いませんか?
感想、聞かせていただけるとうれしいです。^^
[PR]
by hicyamama | 2007-03-31 14:20 | その他いろいろ
<< 037:片思い(惠無) 036:湯(惠無) >>