<< ??? 本当の気持ち。。。?? >>
ライさん、病院へ
2008年 06月 22日
行ってきました。

ライが我が家に来てから
かかりつけのお医者さんはあったのですが、
そこは、我が家の隣の市(と言っても自転車で5分くらい)と
もう一箇所別の市(これは我が家からはかなり離れている)にあり
土日や祝日も開いているので
その2箇所の先生が順繰りに回っています。
なので、行く日によって先生が変わるのです。
どの先生も、みなさんとても熱心で
嫌なところなんて何もなかったのですが
時々、同じような症状でも違う見解を言われたりして
とまどうこともありました。

この間のようなことがあり
加えて、昨年は上記の病院で
「2~3年に1度の(混合)ワクチンで大丈夫ですよ」と言われ
予防接種を受けてなかったので
ちょっと遠くなるけど(自転車で15分まではかからなかったです)
いい評判を聞いている別の病院へ行ってみました。





前日に念のため電話してみると
「予約診療はしてないので、直接きてください」とのこと。

昨日の土曜日、雨が気になったのですが、
なんとか降られず自転車で出発。
ライさん、前カゴで風を切って気持ちよさげです。 ^^

PCでダウンロードしておいた地図を頼りに
なんとか到着。
ドアが開くと、お香のような香りがしていました。
待合室には、すでにわんこや、にゃんこや、ハムスターが。。。
みんな大人しく飼い主さんの隣に座っています。

ライさん、入り口までは突進して行ったのに、
自動ドアが開くと、ふせして後ずさり。。。(オイオイ
中に入ると、自分より小さい子には吠えるし、、、
まったく、お母さん、はずかしいよっ。

初めてということで、個人情報を問診票に書き
スタッフの女性から、色々と質問を受けました。

個人の住宅を改造したかのような
小ぶりな病院なのですが、スタッフが多いのにびっくり
お医者さんも二人いたし、看護士(?)さんらしき方が二人
それに事務の方が一人。
みなさんなかなかいい感じです。

写真撮らせてもらおうかなぁ、と
思ったのですが、なんとなく言い出し損ねてしまいました。 ^^;

さて、肝心の診察なんですが
腰の方は特に問題はないとのこと。
ダックスは腰を痛めやすいので
(ヘルニアはやはり要注意)
段差には気をつけて、と言われました。

では、この間の原因は??

ライさんは膝が外れやすいそうです。
診察時も、
「あ、今も外れてますねぇ」と言われたのですが、
私が触っても全然わからない。

膝蓋骨というのがあって、滑車みたいなイメージだそうです。
それがずれて外れてしまうとのこと。
内側にずれる方が多いそうですが、ライは外にずれるようです。
ずれる時に、骨と骨がこすれるのが痛いのだろうと言うことでした。
(↑の膝蓋骨のリンク先は、犬一般の骨格ですが
 ダックスの骨格図を見つけました。)

「それって、私たちが気づいて直すとかできますか?」
と聞いてみたら
「いや、自分で直しますよ。
 よく伸びをしたりしてませんか?」
と言われ、思い当たることが。。。
今はまだ、それほどひどくはないので、手術とかの必要はなし。
サプリメントを食べさせて予防するくらい、だそうです。

それよりも、ライさん我が家に来てから
ずっと、便が柔らかめなのですが
そちらの方が問題かも、と言われてしまいました。
フードがあってないのかも、と。

う~ん、、、今までいくつかのドッグフードを
渡り歩きましたが、どのドッグフードでも同じなんだよなぁ~。。。

「腸がきちんと働いてないから軟便なので
 整腸剤をあげてみるといいかもしれません。」

そう言えば、もっと小さい頃に下痢した時にも
整腸剤を、と言われてビオフェルミン食べさせたなぁ、と思い出しました。

他には何も問題はなかったので
無事6種混合ワクチンを打ってもらいました。

緊急を要するようなことがなくてホッとしました。
1ヵ月後に、フィラリアの薬を追加で受け取りに行ってきます。
[PR]
by hicyamama | 2008-06-22 13:51 | ライってば…
<< ??? 本当の気持ち。。。?? >>