タグ:A ( 36 ) タグの人気記事
うっひゃ~~~~つっっ!!
2013年 02月 17日
数少ないこのブログをご覧いただいている皆々様
大変ごぶさたしておりました。m(^_^;;;;)m

あまりに長らくのご無沙汰ゆえ
報告することが多すぎます。
以下Moreにて。

おそらく長文になるかと・・・
お時間と興味のある方のみ、どうぞ。

先月の雪景色の中の散歩
b0058213_1195896.jpgb0058213_11102492.jpgb0058213_11104740.jpgb0058213_1111943.jpg


More
[PR]
by hicyamama | 2013-02-17 11:19 | ひとり言
あれ?
2010年 08月 29日
ラ~イさん♪


b0058213_23384041.jpg


『な~に?』

と、

振り返ったライさんが・・・
[PR]
by hicyamama | 2010-08-29 23:46 | ライってば…
『おもしろい』という言葉
2010年 01月 29日
うちの愚息、”A”は高校2年になり
2学期のあまりの成績の悪さと、遅刻の多さに
今頃やっとあせり始めたよう。

1学期の終わりの三者面談で
さんっざん先生に注意され、私も口をすっぱくして
言ってきたのに。。。
お尻に火がついてやっと、、という感じ。

まったく、3年になったらすぐに卒業後の進路を
考えないといけないのに
このままじゃ、進級すらおぼつかない。

そんな”A”は同年代の子達と同様に
こちらの目には、いわゆる「ケータイ依存症」に写る。
シャワー中以外、片時も「ケータイ」を離さない。
こちらが気がつかない夜中に出かけて行き、
朝帰りも平気でやってのける。
いくら男子とはいえ、まだ高校生、未成年だって言うのに。。。

中学時代、ヤツの聞く音楽と言えば、もっぱら
「ポルノグラフティ」か、「ブルーハーツ」だった。

高校に入ってもしばらくは変わらなかったけど、
去年くらいから、なんだか種々雑多な曲を聴いている。

「スガシカオ」、「木村カエラ」、「バンプオブチキン」、
他にもいろいろ。
中でも、へぇ~っと思ったのが、「東京事変」。
他に、私の知らないグループや諸々がヤツのipodに入っている。

ついこの間は、
「どこかの店で流れてた曲が、和楽器でジャズをやってたんだよね。
 探してんだけど見つからない。」
と言っていた。
それ、私も聞いてみたい。 ^^

”A”の高校は、決してお世辞にも偏差値の高い学校ではないけど
やはりそれなりにヤツの世界は広がったのかな。

我が家では、映画や音楽や本や
そういう話題が普通に会話に上る。
で、それを当たり前と思っているのだけど
当たり前ではないのかもしれない、と思ったことがある。

ある時”A”が
「例えばさ、『この曲、おもしろいよ』って言うと
 友達に、『え?どこが?』、『おもしろいって何で(使うの)?』って
 聞かれるんだよね。」
と言った。

他にも、”A”が使う言葉が友達には理解できないことがあるらしい。
よく街角インタビューで、あまりにも物を知らない若い子が出るけど
あんな感じ?

う~ん、単純にその子たちのボキャブラリィ不足じゃない?
『おもしろい』って言葉は、彼らにとって
『笑える』ってことなんじゃないか、とお父さん。

なるほど~っと、思ったものの
『おもしろい』 イコール 『笑える』 もあるけど
それだけじゃないよなぁ。。。と。
でも、これって我が家だけの感覚なのか?

まあ、何にしても、”A”、キミは今以上にがんばらないと
本当にまずいことになるよ。


ちなみに、”R”のmp3ホルダーには
「海雪」や「津軽海峡冬景色」が
Greeeeenと一緒に入っています。 ^^

”A” & ”R”
[PR]
by hicyamama | 2010-01-29 16:17 | ひとり言
新型インフル
2009年 09月 17日
とうとう身近にせまっちゃいましたよ、新型インフル  ( ̄□ ̄|||)

今月はじめに”A”のクラスが学級閉鎖になり
(仲のいい子が罹ってたらしい
 家に遊びに行ったとき、「なんか調子悪いんだよね」と言ってたようだが
 ”A”には移らなかった)
それは3日ほどで終わったんだけど

10月7日からの予定だった修学旅行が
中止(延期)になってしまった。。。 ( ̄∇ ̄ノ)ノ
北海道で、ラフティングとかやるはずだったんだよね

もって帰ってきたプリントには

『第2学年修学旅行中止(延期)のお知らせ』
とあるけど
”A”いわく
「中止なんじゃね。
 だって金返ってこないっしょ。」

・・・・・・・・
う~ん。。。

上記のプリントには
『延期の時期や場所を含め今後のことは検討し、
 11月の保護者会でご報告させていただきます。』
とある

どうなるのかなぁ

自分が行くわけじゃないし
”A”はどうも楽しみにしている気配はないし
でも、やっぱりなんか残念だよなぁ

あ、一番残念がってるのは
子ども部屋を3晩独占できると思ってる
”R”かもしれないけどね  ( ̄ー ̄)
[PR]
by hicyamama | 2009-09-17 18:55 | おばか親子
入学式
2008年 04月 12日
2008年4月8日
春の(大)嵐の中、入学式が挙行されました


b0058213_18514059.jpg


体育館は寒いし、、とまあこれは覚悟してました
なんせ、朝から雨風の強いのなんのって。。。。 ┏(_ _|||)┓

そう言えば、3月24日にあった新入生招集日(保護者同伴)も
朝から雨だったし。。。

つい先だっての中学の卒業式は
ちゃんとできないと評判の一年生が
決めるところはバシッと決めてて、
ああ、成長してるなぁ、となかなか感動的だったけど
高校の入学式って、どうなのかなぁ、、、
と思ってました


いやいや、なんと言うか。。。  ( ̄ー ̄;)ゞ

やっぱり高校っていろんな子どもが集まるのだわ、と実感

”A”の通っていた中学は、やっぱりいろんな意味で
しっかりしてたんだなぁと改めて思ってきました

More
[PR]
by hicyamama | 2008-04-12 19:12 | おばか親子
卒業式
2008年 03月 20日
昨日は”A”の卒業式でした

前日の天気予報では、雨なんて出てなかったのに
当日の朝、雲のち雨の予報が。。。
午後3時くらいから、ということなのでまあ大丈夫だろう、
と思いつつ学校へ

体育館には先に下級生達がわいわいがやがや
思ったほど寒くないなぁ、とちょっと安心

2日ほど前に、
「なんで(卒業式って)あんなに時間かかるんだよっ(怒 」
と言っていた”A”
確かに全員に卒業証書を手渡すのだから時間はかかるさ ^^;
それでも132名だから、決して多くはないんだけどね

一人一人名前を呼ばれて、校長先生の前へ
小学校の卒業式では、名前を呼ばれると一言言ってたっけ
今では男の子達の太く低い声が響いている

b0058213_149369.jpg


全員が証書を受け取り、校長先生の式辞
これが、、、
御多分に漏れず。。。長い。。。。

そのうち体育館特有の寒さが足元から伝わってきた

在校生の送る言葉

そして卒業生の学級委員が代表して感謝の言葉

壇上で男子2人女子2人の4人が語る
男子の一人が声を詰まらせる

「歌の学年」と呼ばれた彼らの最後の合唱

『旅立ちの日に』
『道』

女子の何人かが目をこすりながら歌っていた

そして式も終わり、卒業生が退場していく

b0058213_141158100.jpg

”A”はA組だったので一番最初に退場した
担任の先生の目が赤かった

女子は勿論、驚いたのは男子の多くが泣いていたこと
その姿にもらい泣きしそうになる

前日、最後の学年集会で多くの子が泣いていたというのに
まだまだ涙はつきないようだ
その姿が、とても可愛らしく、幸せな三年間だったのだろうと
この中学校で過ごせたことに、改めて感謝

b0058213_14185991.jpg

先生を始め、職員の方々に書いて頂いたメッセージ

在校生と保護者が校庭で送り出しのアーチを作る

b0058213_1416552.jpg

この時の先生は笑顔だった
赤い目をしながら笑顔の子
まだ泣きじゃくっている子
それぞれの3年間が終わっていく



名残を惜しんで
あちらこちらで輪になる子どもと先生を見ながら
先に家に帰ってきました

天気予報どおりに午後には雨が。。。
それでも夜にはA組の子ども達は
安い焼肉屋さんに集まって打ち上げパーティー ^^

”A”からは
「門限に遅れる」とメールがあったけど
流石に「今日くらいはいいよ、気をつけて帰れ」と返信


あっという間に中学の3年間が過ぎていった
いろんな事があったね
私自身はあんまり自分の中学時代に思い入れがなくて
そのせいか、キミを通してもう一度、中学生を楽しんでいた気がする
それぞれの行事を、もしかするとキミ以上に楽しみにしていたかもしれない
今時の中学生に、驚くことや呆れることも正直多かったけど
自分の時にはできなかったような体験をしているキミ達が
とても羨ましかった

今度は高校生活という新たな日々が待っているね
今度もまた、私の想像を超えるような事が待ち受けてるだろうけど
もう一度、私自身が高校生を楽しめるとうれしい
そして何よりも、キミ自身が高校生活を楽しんで欲しい
その為にも健康で事故や怪我のない毎日を送って欲しい

卒業おめでとう


b0058213_15142659.gif


こくばん.in
[PR]
by hicyamama | 2008-03-20 14:34 | おばか親子
最後の合唱コンクール
2008年 03月 11日
7日に”A”の中学の合唱コンクールがありました

本当は一番仕事の忙しい時期なのですが
無理を言ってお休みをもらって見て来ました

”A”の学年は1年生の頃から歌うのが好きな学年だったようで
毎年合唱コンクールは盛り上がっていたみたいです

今年は最後の合唱コン
しかも練習は受検シーズンと重なります
毎年、3年生はそれまで以上にドラマがあるようです

秋の文化発表会は、新しい体育館での発表でした
この時も全学年合唱があったのですが
体育館なのでピアノの音が歌う側からは聞き取りにくく
どの学年もずれてしまいました
今年の1年生は、大きな声を出して歌うことに
抵抗のある子が多く、人数の少ない3年生の方が
よっぽど大きな声で歌っていました
甥っ子が1年生にいるので
その1年生が少しは歌うようになったかなぁ、と言うのも
今回の合唱コンの楽しみでもありました

More
[PR]
by hicyamama | 2008-03-11 11:31 | おばか親子
開放感♪
2008年 02月 29日
昨日、都立高校一般入試の合格発表がありました。

おかげさまで”A”はこの春からめでたく高校生になります。 (^^)v

思えば、いろいろとありました。。。。

元々学校の勉強が嫌い。
数学は『算数』の時につまづき、???状態。
英語は教科担任と2年の時にモメテしまってやる気消滅で壊滅状態。
当然、内申点(成績表)は散々な結果。
はてさて、このヒトはどうなるのだろう。。。。

          ・・・・・・・・

ここまでの道のり(長文です ^^;;)
[PR]
by hicyamama | 2008-02-29 14:27 | おばか親子
受験シーズン本格化
2008年 01月 22日
してきましたねぇ

昨日は東京でも雪が積もる!
な~んて言ってました
昨日、お父さんはお休みだったので
「朝散歩の時、ビデオ撮るぞ~」
と、楽しみにしていたのですが。。。
雪はおろか、雨さえ降りませんでした ^^;;

センター試験が始まると
冬が本格的になったような気がします

私は大学には行かなかったので
大学受験が今ひとつピンと来ないのですが
高校受験で、願書を出しに行く時
前日雪が降っていて、少し積もっていました
友達とはしゃぎながら、受験する第一希望の高校の正門を走りこみ
玄関先で思いっきり、すっ転びました・・・

お尻を打って痛かったけど
何より恥ずかしかったのと
友達の引きつった顔を今でも覚えています ^^;;;;

たった1校、滑り止めに受けた
私立高校には落ちていました

おまけに第一希望の公立高校の入試1週間前に
同居していた父方の祖母が亡くなっていました

それでも私自身は、あまり気にすることもなく
公立がダメだったら働こう、と思ってました
実家には私立高校に通うだけの余裕がなかったから
でも決して「深刻に」、ではなく
極めて自然に「働く」ことを選択していました

お蔭様で公立高校には合格しましたから
その時働くことはありませんでしたが。。。


さて、今、私は受験生の親となりました

私の高校受験の時の両親が
何を思っていたのか、全然分かりません
受験勉強で起きていると
11時くらいには、
「もう寝たら?」という母でしたし
昭和1桁の父は
「女の子は女子高へ。
 共学は、男子を女らしく
 女子を男らしくするからだ。」
なんていう本を読んで、すっかり感化され
(もっともその本を私が見つけたのは、高校卒業後でしたが)
「女子高しかだめだ」としか言いませんでした
まあ、私以上に
「大丈夫だろう」、位に考えていたのかもしれません ^^;

そして我が家の長男坊、”A”

都立一般入試、一発勝負!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それがどういうことなのか、
君は本当にわかっているのだろうか。。。 
と言いたくなるくらい
受験生とは思えぬ毎日を過ごしています  ┏(_ _|||)┓

勉強嫌いな彼は
高校生になった後の心配をするけれど
まずは入る為に何をするべきか
考えてくれないかなあ

勿論、毎日彼なりに不安と戦っているのでしょうが。。。

彼の名誉のために書いておけば
私たち親は、彼を馬鹿だとは思っていません
世界情勢のニュースを見ていても
私たちとある程度対等に話ができるし、
ネチケットや一般常識は分かっているし

ただ学校の勉強が嫌いなのです
そしてそれはいわゆる受験に関しては
かなり不利な訳です


都立一般入試まで、あと1ヶ月ほどです

あ~~~ 胃が痛い・・・・  (>。<*)

そしてライさんは?
[PR]
by hicyamama | 2008-01-22 01:07 | ひとり言
日々雑感
2007年 11月 22日
我が家の長男坊”A”は、中3
親にとっても、子供にとっても初めての受験生を体験しています

とにかく勉強嫌いなヤツでして
通知表の成績は、そりゃあもう悲惨な状態

そこそこできる教科も無いわけじゃありませんが、
他のできない教科を補うほどではなく
いわゆる内申っていう評価が期待できないわけで

じゃあ当日のテストの点数に期待できるかって言うと
やっぱりそれは内申とリンクしているわけで

本人も当然その辺りは自覚しているとは思うのですが
何せ勉強は嫌い、
なので内申に直接ひびく定期考査の真っ只中にあっても
あせる様子は見当たらず。。。

まあ、本人の名誉のために言っておけば
もちろん、今までに比べたら机に向かってはいます

ですが、何せこれまでのツケが大きい上に
当然他の子供たちも同じ状況下でがんばってるわけですよね

どんだけ回りがハッパをかけようと
結局は当人がやるしかない
と、わかってはいるけれど。。。

いやあ、親の立場で受験を迎えるって
実にしんどいものだと痛感しています

More
[PR]
by hicyamama | 2007-11-22 12:34 | おばか親子